プロフィール

司法書士吉岡周三事務所 HP

兵庫県西宮市で司法書士事務所を開設しています。
困ったときに気兼ねなく相談できる、一緒になって考える事務所作りを目指しています。

カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

10月1日から「株主リスト」が登記の添付書面になりました。

2016年10月1日から、
・株主全員の同意を要する場合
・株主総会議事録が添付書面となる場合
に新たな書類として「株主リスト」が登記申請時の添付書面となりました。
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji06_00095.html

f0221707_15272681.png

ちなみに、株主数が多数の会社の場合、株主総会での議決権総数の3分の2までの株主(その人数が10人を超える場合は議決権保有数が上位10位までの株主)についての株主リストを作成すればよいことになっています。

株主リストの記載事項は、
・株主の氏名又は名称及び住所
・株主のそれぞれが有する株式の数(種類株主総会の場合は、その種類株式数)
・議決権の数
・議決権割合
です。

この改正の目的は、
①株主総会議事録等を偽造して役員になりすまし役員の変更登記又は本人の承諾のない取締役の就任の登記申請を行った上で会社の財産を処分するなど,商業・法人登記を悪用した犯罪や違法行為を防止し、消費者保護や犯罪抑止の観点から商業登記の真実性の担保を強化するため。
②国際的にも,登記所において法人の所有者情報を把握して,法人の透明性を確保することにより,法人格の悪用を防止すべきであり、株式会社の主要株主等の情報を商業登記所に提出することは,不実の登記がされるのを防止することができ,登記の真実性の確保につながる。
③法人の透明性が確保でき 関係者が事後的に株主総会決議を訴訟等で争う場合等においても有益となる。

と、要は不実の登記の防止のためです。

これを機に、株主名簿の整備もご確認ください。


吉岡周三
by yoshioka_shihou | 2016-10-03 15:31 | 司法書士
<< 軽井沢バラ園にて ゴールデンウィークの最後、長谷寺へ >>